18年の訪韓外国人観光客は1534万人、国別トップは中国

18年の訪韓外国人観光客は1534万人、国別トップは中国


2018年に韓国を訪れた中国人観光客が前年比14.9%増の479万人に上ったことが韓国観光公社の22日の発表で分かった。

韓国が18年に受け入れた外国人観光客は前年比15.1%増の1534万人で、国別トップの中国に次いで多かったのが日本の295万人(同27.6%増)だった。

また、12月単月では132万人(前年同月比16.8%増)の外国人観光客が韓国を訪れ、日本からの観光客は同33.5%増の26万人、中国からは25.2%増の42万人と、日中で全体のほぼ半数を占めた。

韓国では17年、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で訪韓中国人観光客が激減する問題が起きており、中国・観察者網は「16年の訪韓中国人観光客は826万人で、外国人観光客全体の47.5%を占めた。THAAD事件の影響で17年は約半数の417万人に減少。18年は479万人に回復したが、16年の6割にも達していない」と報じた。(by Asada)

社会カテゴリの最新記事