11月の訪日外国人、3.1%増=中国の増加続く、韓国、台湾は連続減―12月18日までの累計で初の3000万人突破

11月の訪日外国人、3.1%増=中国の増加続く、韓国、台湾は連続減―12月18日までの累計で初の3000万人突破


2018年12月19日、日本政府観光局(JNTO)が発表した11月の訪日外国人客数は前年同月比3.1%増の245万800人に達し、同月として過去最高を記録した。クルーズ船需要が好調だったほか、訪日旅行プロモーションの効果もあり順調な伸びを示した。

この結果、今年1―11月の訪日客数は前年同期比9.1%増2856万100人となった。同観光局によると、2018年の訪日客数は12月18日までの累計で3001万人になった。3000万人を超えるのは初めて。日本政府は「2020年に4000万人の目標に向け全力で取り組む」(石井啓一国土交通相)としているが、全体の大半を占める東アジア諸国・地域の動向がカギとなる。

11月の国・地域別では、中国が前年同月比8.8%増の61万7300人と最多。韓国の58万8000人(同5.5%減)、台湾の35万2000人(同3.1%減)が続いたが、ともに2カ月連続でマイナスとなった。日本国内の自然災害の影響で訪日を手控える動きが残った。(by Yamaki)

社会カテゴリの最新記事