10月の訪日外国人、2カ月ぶり増加=1.8%増の264万600人、中国伸びる―韓国、台湾、香港が減少、自然災害の影響残る

10月の訪日外国人、2カ月ぶり増加=1.8%増の264万600人、中国伸びる―韓国、台湾、香港が減少、自然災害の影響残る


2018年11月21日、日本政府観光局(JNTO)が発表した10月の訪日外国人客は前年同月比1.8%増の264万600人で、10月として過去最高だった。台風21号や北海道地震など自然災害の影響は一部で残ったものの、クルーズ船の寄港や訪日旅行プロモーションの効果が出て、2カ月ぶりに増加に転じた。

この結果、1―10月の訪日客数は前年同期比9.7%増の2610万9300人に達した。

10月の国・地域別では、中国が前年同月比7.8%増の71万5300人と最多。韓国は8.0%減の57万1200人、台湾は9.9%減の37万9600人、香港9.9%減の16万9500人と減少した。韓国、台湾、香港では、昨年は10月上旬にあった休暇が、今年は9 月下旬と繰り上がったことも影響したという。

日本政府観光局によると、16カ国(中国、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で10 月として過去最高を記録した。

同局は「グローバルサイトでの情報発信のほか、関西ならびに北海道の観光復興に向けた支援事業等を実施し、旅行需要の回復に引き続き取り組んでいきたい」としている。(by Yamaki)

社会カテゴリの最新記事