9月の訪日外国人5.3%減、5年8カ月ぶりマイナス=台風21号や北海道地震が影響―韓国、香港は二ケタ減

9月の訪日外国人5.3%減、5年8カ月ぶりマイナス=台風21号や北海道地震が影響―韓国、香港は二ケタ減


2018年10月16日、日本政府観光局(JNTO)が発表した9月の訪日外国人客は前年同月比5.3%減の215万9600人にとどまり、2013年1月以来、5年8カ月ぶりに減少に転じた。台風第21号の影響による関西空港の閉鎖や北海道胆振東部地震の影響による新千歳空港の閉鎖などにより、航空便の欠航や旅行のキャンセルが発生した。

9月単月の国・地域別では、中国が前年同月比3.8%減の65万2700人と最多。韓国は13.9%減の47万9700人と大幅に減少した。台湾は5.4%減の32万9100人、香港が23.8%減の12万6200人だった。

この結果、今年1―9月の累計訪日外国人客は2346万8500人となり、前年同期に比べて10.7%増加した。

日本政府観光局は「関西や北海道の観光復興に向けたキャンペーンの対外情報発信などを推進し、観光復興に向けた支援事業等を通じて旅行需要の回復に取り組んでいきたい」としている。(by Yamaki)

社会カテゴリの最新記事