訪日中国人客に人気の観光スポット、上位に大阪勢

訪日中国人客に人気の観光スポット、上位に大阪勢


中国でこのほど、「日本の観光スポットの人気1位は大阪城公園」とするレポートが発表された。

この「2018年上半期・中国オンライン海外旅行消費報告」はオンライン旅行会社・途牛旅遊網が1-6月の検索・予約状況に基づきまとめたもので、レポートは国家発展改革委員会のデータとして上半期の海外旅行者数が前年同期比15%増の延べ7131万人に達したことを説明。レポートはまた、「月別で最も海外旅行が盛んだったのは春節(旧正月)連休のあった2月。この月の旅行者数は全体の22%を占めた」とし、「春節連休を海外で過ごす」ことへの関心がより高まっている点を指摘している。

途牛の上半期の予約状況を利用者の居住地別で見た場合、上位20位には上海、北京、南京、天津、深セン、杭州、広州、成都、蘇州、武漢、瀋陽、無錫、西安、寧波、重慶、鄭州、大連、済南、長沙、合肥がランクインした。

また、目的地については日本および東南アジア人気が続いており、レポートは「政策的な支援や直行便の増便、地理的な近さが貢献した」と説明。「日本は依然、途牛の顧客に一番人気の近場の目的地」とも指摘し、観光スポットの人気ランキングは大阪城公園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、金閣寺、浅草寺、富士山、二重橋、奈良公園、忍野八海、明治神宮、清水寺の順になったこと、雪や温泉、桜をテーマとする商品や福岡、長崎、鹿児島に向かうクルーズツアーへの関心度が高かったことを紹介している。

一方、遠方の目的地としてはフランスが1位で、2位以下にはトルコ、スイス、アラブ首長国連邦、エジプト、イタリア、米国、ロシア、オーストラリア、モーリシャスが続いた。ロシアはサッカー・ワールドカップ(W杯)の影響で大幅な伸びが見られたという。

レポートはこのほか、「上半期は依然、団体ツアーが主流だった」と説明し、初めて海外に出掛ける人や、その便利さに着目した個人旅行経験者のニーズがあったことを指摘。また、これまで同様、「現地の生活を体験してみたい」とのニーズが高まっていることも紹介している。(by Asada)

社会カテゴリの最新記事