中国人消費者の肉類消費量は年59キロ、世界平均の2倍に

中国人消費者の肉類消費量は年59キロ、世界平均の2倍に

国際食糧政策研究所(IFPRI)は6日、中国北京市で世界の食物政策に関する2016年度版の報告書を発表した。

人民日報が7日付で伝えたもので、中国の1人当たりの肉類消費量(年間)はおよそ59キログラムで世界平均の倍に達していることが明らかになった。

同レポートは今後20年間で東アジアの1人当たりの肉類消費量は倍増すると予測。このほか、15年度の問題点や今年直面するであろう主な課題について論じており、世界の約8億人が飢餓に苦しんでいることや、人口の3分の1が栄養失調の状態にあることなどに触れた。(by Yamaguchi)

社会カテゴリの最新記事