中国で最も購入されたブランドは「伊利」=英カンター・ワールド調査

中国で最も購入されたブランドは「伊利」=英カンター・ワールド調査

英市場調査会社のカンター・ワールドパネルが19日発表した、世界の日用消費財購入動向に関する2016年版の「ブランド・フットプリント」によると、中国で最も購入されたブランドランキングで、乳製品メーカーの「伊利」が前年の2位からトップに輝いた。中国の88.5%の世帯で同社製品が購入され、消費者接触回数は延べ11億回を超えたと報告されている。

中国食品招商網が伝えたもので、2位は中国の即席めん市場で圧倒的なシェアを誇る「康師傅」(前年1位)、3位は乳製品メーカーの「蒙牛」(前年3位)だった。両社の消費者接触回数はともに10億回を超えている。

4位から10位までは「旺旺」「光明」「双匯」「統一」「海天」「立白」「娃哈哈」の順で、洗濯洗剤の「立白」以外は全て食品・飲料品メーカーだった。(by Akutagawa)

社会カテゴリの最新記事