中国人消費者のネット通販支払い事情、日本人との大きな違いが明らかに

中国人消費者のネット通販支払い事情、日本人との大きな違いが明らかに

市場調査会社ニールセンが発表した最新レポートで、中国人消費者が電子決済サービスを利用する割合は他国を大幅に超えていることが明らかになった。

「過去6カ月間のネットショッピングで、スマートフォンの電子決済サービスを利用した」と答えた中国人消費者は86%に達し、日本(10%)、韓国(26%)、米国(35%)を大きく引き離した。中国に次ぐ2位のドイツでも68%という割合だ。

中国では日用品やプレゼント用の花束など商品に限らず電子決済が浸透しており、これは他国では見られない現象だという。ニールセンの中国事業部責任者は「中国にもさまざまな支払い方法が登場しているが、便利さが売りの電子決済はより多くの消費者に受け入れられている」と語る。

このほか、中国では移動端末を使ってネットショッピングを楽しむ消費者が以前より増えたことも判明。スマホを通じて美容グッズや食品を買ったことがある人はそれぞれ約45%、「レストラン予約はスマホで」という人は70%を超えている。(by Yamaguchi)

社会カテゴリの最新記事