中国で美容整形する外国人が増加、5年後は米国超える世界最大市場に

中国で美容整形する外国人が増加、5年後は米国超える世界最大市場に

2014年に韓国で美容整形手術を受けた中国人は5万6000人に上ったとのデータが出る中、中国の業界関係者は今後5年以内に中国が世界最大の市場規模になると期待を募らせている。

中国整形美容協会副秘書長の杜暁岩氏は23日に開かれた業界動向に関する報告会で、「中国で整形手術を受ける外国人の数は毎年10%の勢いで増えている」と指摘。美容医療サービスを提供する施設は1万カ所以上、年30%前後のペースで拡大する市場規模はすでに4000億元(約7兆7000億円)に達していると紹介した上で、「中国は5年以内に米国、ブラジルなどを追い抜き、世界トップに躍り出るだろう」との見通しを語った。

さらに、同氏は「韓国で整形手術に失敗する中国人の数は毎年10-15%増えているが、中国で手術の失敗を訴える外国人はゼロに等しい」と中国の技術力をアピール。この一方で、発展を始めてわずか10年余りの国内業界には虚偽広告、誇大広告が横行するなどの問題が残されているとも説明し、「市場の急成長を踏まえたルール作りが急がれる」との見解を示した。(by Yamaguchi)

社会カテゴリの最新記事