東京とソウルと香港、出張費が高いのはどの都市?=英コンサル企業が報告

東京とソウルと香港、出張費が高いのはどの都市?=英コンサル企業が報告

英ECAインターナショナルが発表した出張コストに関する最新レポートで、2015年のアジアトップは香港だったことが分かった。

中国新聞網が香港商報の報道として2日付で報じたもので、各国のコストはホテル代、飲食費、クリーニング代、雑費、タクシー代をもとに計算された。香港出張の1日当たりのコストは約496ドル(約5万1400円)。ホテル代が301ドル(約3万1200円)と大部分を占めており、香港の4つ星ホテルの料金は東京、ソウルなどより20%程高いと指摘されている。

ホテル代を除外した場合、香港はアジア8位に後退し、代わりにソウルと東京が1、2位となる。ECA関係者によると日韓2都市はいずれもランクを1つ上げており、同氏は「モノとサービスの値段が全体的に高めということを示すもの。言葉が通じないため、ビジネス客の食事の選択肢が限られるという問題もあるかもしれない」と指摘した。(by Yamaguchi)

国際カテゴリの最新記事