中国北西部でもリニア建設、新疆・ウルムチで正式に始動

中国北西部でもリニア建設、新疆・ウルムチで正式に始動

中国北西部の新疆ウイグル自治区でこのほど、同自治区初のリニアモーターカー建設が正式にスタートした。

澎湃新聞が15日付で報じたもので、線路の長さはウルムチ市の三屯碑駅と同市郊外の南山にあるツーリストセンター駅を結ぶ38キロ。運行時速は100-120キロが予定されており、市内から南山に向かう観光客の新たな交通手段として期待されている。

中国では2003年1月に国内初となるリニアモーターカーが上海市で営業運転を始めた。また、今年5月には湖南省長沙市で中低速リニアの試験営業運転がスタート。上海リニアはドイツから技術を導入しているが、長沙リニアは中国の独自開発によるものだ。同メディアは「リニアに関する独自の知的財産権を持つのは世界で日本、中国、ドイツの3カ国だけ」と紹介している。(by Yamaguchi)

時事カテゴリの最新記事