上海浦東国際空港から3000万人が出入国、訪日客の利用も活発

上海浦東国際空港から3000万人が出入国、訪日客の利用も活発

中国・上海浦東国際空港を利用して出入国する人の数が、2016年は3500万人前後に達するとの予測が出ている。

10日付の澎湃新聞によると、今年は昨年に比べ1カ月以上早く3000万人を突破しており、単日の出入国者数が10万人を超えた日数は138日あった。同空港を利用して世界各地に向かった中国人旅行客はおよそ950万人に上り、このうちの500万人余りが日本、韓国、米国、タイ、香港、マカオなど従来からの人気観光地に渡航。一方、同空港から中国に入国した日米韓の旅行者は計200万人近くと外国人全体の48%を占めた。(by Yamaguchi)

時事カテゴリの最新記事