世界の富豪ランキング、中国1位は万達・王氏、北京は「世界で最も富豪が集まる都市」に

世界の富豪ランキング、中国1位は万達・王氏、北京は「世界で最も富豪が集まる都市」に

英国人コンサルタントのルパート・フーゲワーフ氏が設立した胡潤研究院が24日、世界の富豪を対象とした長者番付「胡潤グローバル富豪ランキング2016」を発表した。

10億ドル(約1120億円)以上の資産を持つ富豪2188人をランク付けしたもので、1位はマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(800億ドル。約8兆9700億円)。2位には「投資の神様」として知られるウォーレン・バフェット氏(680億ドル。約7兆6300億円)がランクインした。

中国人トップは不動産開発や映画市場などへの進出で注目を集める大連万達集団の王健林一族(260億ドル。約2兆9200億円)で、順位は昨年から12ランクアップの21位に上昇。華人の中でも1位となった。中華圏の富豪の数は568人と初めて米国(535人)を抜いたほか、中国北京で暮らす富豪の数が初めて米ニューヨークを上回ったとの結果も出た。北京在住の富豪は100人。「世界で最も富豪が密集する都市」となった。(by Asada)

時事カテゴリの最新記事