3月の訪日外国人、花見シーズン入りで18%増の260万人=3月として過去最高―韓国が3割近い伸び、中国、台湾が続く

3月の訪日外国人、花見シーズン入りで18%増の260万人=3月として過去最高―韓国が3割近い伸び、中国、台湾が続く


2018年4月18日、日本政府観光局(JNTO)が発表した3月の訪日外国人客数は前年同月比18.2%増の260万7900人だった。3月として過去最高を記録した。航空路線の新規就航や増便、チャーター便の運航に加え、花見など日本の春を楽しむことを目的にした訪日客が増えた。

国・地域別では、韓国が26.8%増の61万9200人とトップ。中国が16.9%増の59万4900人、台湾が14.0%増の38万7300人、香港が19.0%増の19万5700人と続いた。イースター休暇の影響で、米国、カナダ、ドイツは単月としての過去最高を記録した。昨年は4月だったイースター休暇が今年は3月末となり、欧米からの訪日客が目立った。

日本政府観光局は「これまでの継続的な訪日客誘致と訪日機運の高まりが恒常的な訪日外客数の増加を支えている」としている。(by Yamaki)

社会カテゴリの最新記事