中国人観光客の香港ツアー、16年春節は前年の3割に=早期のV字回復見込めず

中国人観光客の香港ツアー、16年春節は前年の3割に=早期のV字回復見込めず

今年の春節(旧正月)シーズンに中国本土から香港を訪れた旅行団の数が過去10年で最大の縮小幅となり、短期内のV字回復は見込めないとの不安が広がっている。

香港旅遊業議会の責任者は旅行会社のデータとして「昨年の春節シーズンには380余りに上った本土からの旅行団が今年は約120に減った」と指摘。減少の原因は数多くあると説明し、例として本土客に対する諸外国のビザ緩和措置や通貨安を挙げた。

香港では昨年から本土客の減少がみられ、観光、小売業界は大きな打撃を受けている。商業施設の国慶節シーズンの売り上げは前年同期より大幅に減り、本土客のフリーツアーが解禁された2003年以来、初の前年割れとなった。ホテルの客室は平均稼働率8割程度を維持しているものの、料金は15-20%下落。昨年香港を訪れた観光客は2.5%減少し、11-12月の本土客(宿泊を伴う)は10%以上減ったとのデータもある。(by Yamaguchi)

社会カテゴリの最新記事