春節前の帰省ラッシュ、出稼ぎ労働盛んな河南は“人口大流入”に

春節前の帰省ラッシュ、出稼ぎ労働盛んな河南は“人口大流入”に

中国各地の交通機関が春節(旧正月)シーズンの帰省客で大混雑する中、人口の流入が最も多いのは出稼ぎ労働が盛んな河南省だということが分かった。

チャットアプリ・微信ユーザーの先月24日から今月4日までの移動状況を基に発表されたもので、春節を河南で過ごすユーザーは約313万人とみられている。次に多かったのは広東で、湖南、江西、安徽がこれに続いた。広東は深センを中心に人口流出も多く、浙江、北京、江蘇、上海とともに人口流出のトップ5を占めた。

調査期間中、ユーザーの移動が最も激しかったのは今月4日で、その数は2008万人に上った。(by Yamaguchi)

社会カテゴリの最新記事