地球温暖化、気温4度上昇で中国が最大被害国に、日本も3400万人に影響

地球温暖化、気温4度上昇で中国が最大被害国に、日本も3400万人に影響

気候研究機関の米クライメート・セントラルが、世界の平均気温が4度上昇した場合に最も深刻な被害を受ける国として中国の名を挙げた。

平均気温が2度上がれば海面上昇によって全世界の2億8000万人が暮らす土地が水没、4度上昇でこの数が6億人に拡大するとみられており、同機関はこのほど発表した論文で、「4度の気温上昇によって約1億4500万人の中国人が暮らす土地が水没するだろう」と指摘。また、世界で最初に水没する10都市として中国からは上海、天津、台州(浙江省)、香港が選ばれている。

研究員の1人は「気温2度の上昇で、沿海都市を中心に長期的かつ生死に関わる危険がもたらされる」と警告しており、日本でも4度上昇すれば3400万人が被害を受けるとされている。(by Asada)

国際カテゴリの最新記事