「海外通販市場を引っ張る女性消費者は、価格より品質重視」=大韓貿易投資振興公社

画像1
大韓貿易投資振興公社は26日、中国のネット通販動向に関するレポートを発表した。イメージ写真。
配信日時:2016年6月30日(木) 8時20分
大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は26日、中国のネット通販動向に関するレポートを発表し、「海外通販市場を引っ張る20-30歳女性は、正規品かどうかを価格以上に重視している」と指摘した。

環球網が韓国・聯合ニュースの報道として27日付で伝えたもので、中国人消費者の商品購入先が従来の実店舗からネット上へとシフトする中、同レポートは中国の電子商取引の市場動向、政策の変化、専門家の意見などを対象に分析を行った。「理解編」「制度編」では電子商取引の発展過程や通関政策について説明し、「応用編」では韓国企業の活用に向けた物流戦略などに関する情報を紹介。また、「『中国人は安い商品を好む』という古い考え方は捨てるべき」と意識の切り替えを促し、「海外通販サイトの主力利用者である若い女性は、合理的な買い物をする。例え同じブランドであっても海外で生産された正規品を好む」と指摘した。

その上で、韓国企業に対して「中国市場を狙うには中国人消費者の間に『正規品販売』というイメージを確立することが必要」と呼び掛けた。(by Yamaguchi)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング