両親へのプレゼントに「旅行」を選ぶ中国人が増加、日本や韓国も人気の目的地に

画像1
中国の大手旅行サイトがこのほど発表したレポートで、両親への感謝の印として旅行をプレゼントする人が増えていることが明らかになった。写真は中国の人気観光地、浙江省の西湖。
配信日時:2016年5月11日(水) 8時20分
中国の大手旅行サイトがこのほど発表したレポートで、両親への感謝の印として旅行をプレゼントする人が増えていることが明らかになった。ただ、「旅行に同行する」という人は3割未満だった。

澎湃新聞が8日付で伝えたもので、「親に旅行をプレゼントしたい」という人は52%に上り、「食事に招待する」「花束を贈る」がこれに続いた。過去1年間に子どもが親のために支払った旅行代金は平均4061元(約6万7000円)と前年に比べ30%増え、親が自分で予約する場合の2倍に達した。地域別のトップは温州市(浙江省)の6422元(約10万7000円)で、2位から5位は上海市、杭州市(浙江省)、北京市、西昌市(四川省)の順だった。

目的地別では国内旅行が6割以上を占め、海外ではタイ、インドネシア、韓国、日本、ベトナム、カンボジア、フランス、シンガポール、米国、イタリアの順に人気が高かった。出発時期は3-6月と11月に集中し、仕事を持つ人の旅行シーズンと重なっていないことも明らかになっている。(by Asada)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング