「中国人観光客の押し寄せはこの先30年、止まらない」=タイの経済専門家が指摘

画像1
タイの経済専門家がこのほど、観光客の送り出し国として中国には巨大な潜在力が秘められていると指摘する文章を発表した。写真は香港旅行を楽しんだ中国人観光客。
配信日時:2015年11月20日(金) 15時34分
タイ・TMB銀行の経済専門家がこのほど、観光客の送り出し国として中国には巨大な潜在力が秘められていると指摘する文章を発表した。

同専門家は「近年、タイには大勢の中国人観光客が押し寄せているが、同様の動きは日本や韓国でも発生している」として、過去5年の中国人観光客数は日本が平均19%、韓国が同21%の勢いで拡大したとのデータを紹介。さらに、中国の景気減速もこの勢いに影響を及ぼしていないとの見解を披露し、「2014年の中国人海外旅行者1億1600万人のうち、3分の2が15-34歳の学生や教師だった」と説明した上で、「14億人を超える人口の半数が34歳未満だということを考えれば、向う30年間は十分な観光客予備軍を抱えている計算になる」と指摘する。

また、中国政府が有給休暇制度に関する政策や休日制度の見直しなどで観光産業を後押しする中、「ここ5年間の元高で中国人にとっては国内旅行よりも海外旅行の方が割安感がある」とも説明。中国の観光業が世界経済発展のエンジンになると結論付けている。(by Asada)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング