上海ディズニー、16年末の入場者数560万人に=世界最速ペース

画像1
2016年6月に正式開園した上海ディズニーランドの入場者数が同年12月末時点で560万人に達した。イメージ写真。
配信日時:2017年1月18日(水) 8時20分
2016年6月に正式開園した上海ディズニーランド(中国上海市)の入場者数が同年12月末時点で560万人に達した。

澎湃新聞が16日付で報じたもので、中国側の運営会社「上海申迪(集団)有限公司」の范希平董事長がこのほど明らかにした。記事によると、上海は世界各地にあるディズニーランドの中で最も速いペースで入場者500万人を突破。2つのホテルの稼働率は90%以上を維持しているという。范氏は「2017年は引き続き、現場管理とサービスの向上に努める」と述べており、7番目のエリアとなる「トイ・ストーリーランド」が18年にオープン予定であることも紹介した。

中国では観光産業の発展を見込んだ海外のテーマパークの進出が目立っている。レゴランドやマダムタッソーなどを運営するマーリン・エンターテイメンツは今月9日、中国の大手旅行サイト・携程旅行網との戦略的パートナーシップ締結式の席で「マダムタッソー、レゴランド・ディスカバリー・センターに続き、レゴランドを上海市青浦区に開設する」と表明。北京市では2021年にユニバーサルスタジオがオープンする見通しだ。(by Yamaguchi)

おすすめ記事

厳選!ザ・ワールド 動画

アクセスランキング