中国の外食業界、2015年売上高が初めて52兆円突破、宅配サービスは競争激化

中国の外食業界、2015年売上高が初めて52兆円突破、宅配サービスは競争激化

中国の外食業界団体が発表した最新の市場分析レポートで、2015年の外食業界の売上高が初めて3兆元(約52兆円)を突破したことが明らかになった。

同年の売上高は前年比11.7%増の3兆2310億元(約56兆円)。2016年はインターネットを利用した宅配ニーズがさらに高まるとみられており、競争の白熱化が予想されている。

レポートによると、中国の消費者が配達を待つ時間は通常、30分が限度。サービスを利用する際のポイントとして各業者が設定する価格面での特典を挙げたほか、食品の安全性も大きな関心事項として指摘した。(by Asada)

時事カテゴリの最新記事