KFCがチベット自治区に1号店オープン、海外飲食ブランド初の市場進出

KFCがチベット自治区に1号店オープン、海外飲食ブランド初の市場進出

中国チベット自治区ラサ市に、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の「チベット1号店」がオープンすることが明らかになった。出店先は市中心部の商業施設で、海外の飲食ブランドで同市進出が認められたのはKFCが初めてだ。

中国の誘致担当者の話によると、開店は2016年1月末前後になる見通し。現地では中国ブランドのファストフード店が早くから営業を行っており、「ハンバーガーやフライドチキンに対する地元消費者の需要は期待できる」という。

中国はKFCにとって特に重要な市場で、出店数は約4900店舗。親会社ヤム・ブランズの売り上げの過半を中国市場が占めるとのデータもある。(by Yamaguchi)

時事カテゴリの最新記事